xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 地域情報BLOG » 北区 王子「装束稲荷」

北区 王子「装束稲荷」

photo


今日ご紹介するのは北区王子の「装束稲荷」です。
北区 王子 装束稲荷


かつてこの辺り一面が田畑であった頃、この場所には
榎があり、毎年晦日の夜に関東(いにしえの東国のこと)から
集まってきた狐が、この榎の下で衣装を改めて関東総司の
王子稲荷神社に参詣をしたといういいつたえから、この榎
(現在の榎は昔のものではありません)を「装束榎」と呼び、
御神木としています。
北区 王子 装束稲荷 装束榎


また、東京大空襲の際には、猛烈な勢いで東南側から
延焼してきた火災を、この場所で完全に喰い止めて、
西北一帯の住民を火災から救ったそうです。
北区 王子 装束稲荷 社


以上のような理由から霊験あらたかな場所とされ、
今の社殿が建立されました。
(昔はかなり粗末な社だったようです)
北区 王子 装束稲荷 狐1


そして、この話を基に行われている行事が
「王子の狐火」です。
毎年、大晦日の夜から元日にかけての深夜に
狐のお面をかぶった裃(かみしも)姿の人々が「装束稲荷」
から「王子稲荷」まで練り歩きます。
北区 王子 装束稲荷 狐2

2007年04月09日 18:24

Page Top

Sitemap