xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 山田社長の月曜BLOG » 2006年12月

建築基準法上の道路とは

建築基準法では、第42条と第43条で道路の定義を決めています。

よく取引に出てくる道路は、以下のようなものです。

�@42条1項1号:道路法による道路、公道などですでに幅員4m確保
 されているもの。

�A42条1項5号:建物を建築するため行政からその道路の位置の
 指定を受けた道路です。

 これを位置指定道路と言って、通常4mですが、それ以上の場合も
 あります。

 古い位置指定道路は、かなりいい加減だったようで、4mないもの
 もありますので、注意が必要です。

 4m未満の位置指定道路に面している土地で再建築するときは、
 行政に申請した道路の位置に復帰させなければなりません。
 (道路の中心から2mとは限りませんのでご注意下さい)

2006年12月25日 10:00

敷地と道路との関係

不動産を購入して、建物を建築するとき、その敷地が、
建築基準法上(これが重要です)の道路に2m以上接して
いなければ、建物を建築することが原則できません。

見た目が道路の形状になっていても、建築基準法上の
道路ではない場合もありますので、注意が必要です。

道路の定義については、建築基準法第42条と43条に
定められていますので、来週から、この建築基準法上の
道路について、ご案内いたします。

土地を購入して建物を建てる方、新築や中古の一戸建て
購入を考えていらっしゃる方に、お役に立つと思います。

2006年12月18日 10:00

仲介手数料

仲介手数料

一般的には、3%と考えられているようですが、

» 続きを読む

2006年12月11日 10:00

管理費・修繕積立金(マンションの場合)

マンションの売買の場合には、管理費・修繕積立金など、毎月
所有者が支払う費用があります。

» 続きを読む

2006年12月04日 10:00

Page Top

Sitemap