xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 山田社長の月曜BLOG » 2008年06月

従前の土地の売買

仮換地指定された場合、従前の土地の売買はできるのか?

仮換地指定後の従前の土地の所有者は、従前の土地の使用収益権を停止
されるだけで、売買等まで禁止したものではありませんので従前の土地の
売買は可能です。
また、第三者に対抗するための移転登記も従前の土地について行います。

ただし買い受けた後実際に使用収益できるのは仮換地となります。

仮換地指定後の従前の土地の一部売買

従前の土地の一部を売買する場合、仮換地のどの部分を買い受けたか
分からなくなりますので、仮換地のどの部分の売買をするのか明確にして
おく事が必要です。

減価補償金・清算金の帰属

仮換地の売買においては減価補償金、清算金の帰属を明確にしておきます。
実際には将来に問題を残さないよう買主帰属とするほうが良いと思います。

2008年06月30日 10:00

仮換地の効果

前回は仮換地指定についてご説明をしましたが、
今回はその仮換地が法的にどのような効果があるのかをご説明します。

仮換地指定の法的効果

仮換地が指定された場合には、従前の宅地について、所有権・賃借権等
を持っていた人は、仮換地指定の効力の発生の日から換地処分の公告の
日まで、仮換地について従前の土地にある権利と同じ内容の使用収益権
を取得するかわりに、従前の土地にあった使用収益権を停止されます。

ですから、自分の宅地を他人の宅地の仮換地等に指定された場合、
その人は自分の宅地を使用、収益することができなくなります。

2008年06月23日 10:00

仮換地指定

今回からは土地区画整理の仮換地に関するご説明を致します。

まずは仮換地指定について。
仮換地指定とは、土地区画整理事業がスムースに進むよう関係する
権利者の権利関係が実質上換地処分がされたのと同じような効果が
あるので、換地計画においては、換地の位置や範囲を仮に指定する
処分のことです。

仮換地の指定は施行地区内の宅地の所有者および宅地についての
地上権、永小作権、賃借権、その他宅地を使用し、収益することが
できる人に対して行われます。

仮換地の指定は、仮換地となるべき土地の所有者、従前の土地所有者
及び所有権以外の権利を持つ人に対して「仮換地指定書」で行われます
が、その指定する内容は次の通りです。

1.仮換地の位置

2.仮換地の地積

3.仮換地指定の効力発生日

4.仮換地の使用収益を開始することができる日を別に定める場合には、
  使用収益の開始の日

2008年06月16日 10:00

土地区画整理事業について(その3)

土地区画整理事業についての第3回目です。
前回の続きになります。

8.新しい街区ができたら、必要に応じて町名や住居表示の変更・整理
  をします。

9.全ての工事が完了したら、換地計画を作成してその換地の明細や
  各権利者別の清算金明細などを関係者宛に通知します。

10.区画整理により変動した土地・建物の登記を、施行者がまとめて
   行います。

11.いよいよ土地区画整理事業の最終段階です。関係者の換地について、
   不均等がある場合には、これを金銭で清算(これを「清算金の徴収・
   交付」といいます)をして、調整します。

以上が、土地区画整理事業のだいたいの流れです。
次回は、仮換地など土地区画整理独特の言葉についてご説明します。

2008年06月09日 10:00

土地区画整理事業について(その2)

前回に引き続き、土地区画整理の大まかな流れについてご説明致します。

4.関係権利者の意見を反映するための機関として、土地所有者・借地権
  者・学識経験者などから審議会委員を選び、事業施行の重要な事項に
  ついて審議をします。

  それと共に土地・建物の評価をするための評価員を選任します。

5.事業計画及び個々の宅地の現況から、区画整理後の個々の宅地
  (これを「換地」といいます)の区画を設計します。

6.審議会の意見を聞きながら、換地の前提となる仮の換地(これを「仮換地」
  といいます。この仮換地が決まらないと、住宅ローンが借りられないことが
  多いです)を指定します。

7.仮換地が指定されると、現在地から仮換地へ建物を移転することになります。
  併せて道路・上下水道・電気・ガス・水道などの工事を行います。

次回に続きます。

2008年06月02日 10:00

Page Top

Sitemap